植木屋が造った竹垣・生垣です。仕切りから周囲の目隠し、庭の景などさまざまな用途で使われます。
伝統的な垣根から創作垣など色々と種類があります。竹垣の材料は主に竹、樹木の枝、杉皮、板などです。
生垣などではベニカナメモチ、キンモクセイや山茶花、カシノキなど枝が密になりやすいく目隠しにもなる常緑樹がよく使われるようです。
目隠しをあまり気にしなければ落葉樹でもよいかと思います。生垣の場合、行政によって助成金なども出る所がありますのでご確認下さい。
樹木によっては目隠しなどに向き不向きがありますので植木屋さんにご相談ください。
竹垣の場合、同じような竹垣でも名前が違ったり、竹の間合いなどでも違って見えたりもしますので出入りの植木屋さんに相談するのが良いかと思います。
庭師の中には器用な方もいらっしゃるので創作垣を頼むのも面白いかも知れません。東京近郊では建仁寺垣と御簾垣、四ツ目垣をよく見かけます。
ひと昔前まで竹垣は10年位はもつと言われていたようですが、近年では温暖化の影響なのかわかりませんが竹が傷むのが早くなっているように感じます。7~8年で傷みが激しい場合は作り直しをご検討ください。雨や紫外線などの影響の受けにくい軒下などの場所は長持ちするようです。
自然の物を使うと無機質なブロックやアルミフェンスなどと異なり風情がでるのでオススメなのですが、竹垣の天然物は耐久性に問題があり何年後かには作り直しが必要となります。最近では自然の物に似せた人工竹などもあり色も形も豊富で良く出来ています。
どちらもメリット、デメリットがありますので植木屋さんにご相談ください。庭師草庵では竹垣の施工は種類によりますが主に1月~5月位までとなっております。寒の時期にとった竹以外は水分も多く虫が入りやすくもちも悪いため、寒の時期の竹の材料がなくなり次第終了とさせていただいておりますので了承ください。
近年材料の仕入れが難しいものがありますので早めの予約をオススメいたします。

竹垣の施工例

建仁寺垣
建仁寺垣
大津垣
大津垣
御簾垣の施工例
御簾垣
杉皮垣の施工例
杉皮垣
クロチク穂の袖垣
黒穂袖垣

生垣の施工例

生垣
東京都練馬区/レッドロビンの生垣施工例
トキワマンサク生垣
埼玉県さいたま市/ベニバナトキワマンサク生垣

安心価格、見積り無料。まずはお気軽にご連絡ください03-3921-6510電話対応時間 9:00 - 18:00 [日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ