茶花は身近な季節の花を自然のままに生けるのが良いとされています。
自然のままに美しく見せるのは大変難しいものです。
植木は園芸屋、ホームセンター、通販などでは色々な種類が売られています。何をどのような場所に植えれば良いか迷うかと思います。
ここでは実際に植木屋さんが東京近郊の庭に植えられているおすすめな茶花・花木などを紹介しています。参考などにしていただければ幸いです。
庭師草庵では植栽・移植などは種類にもよりますが1月~5月頃に主に行っております。
植木一本からでも気になる樹木がありましたらお気軽にご相談ください。
ご自分で植栽される場合は庭の条件を確認し、日当たりや風通し、気候はどうかなど調べて植木の間隔などに気をつけて植栽してください。
植え付けの際は植え穴を根鉢よりも大きく掘り、苗木を植え、根鉢の周りに土をかけ、水と一緒に土を植え穴に流し込むような感じで植えてあげるとよいかと思います。
水を流し込む前に、植え穴の円径の周りに土手を作ってあげると水をあげている時に水が溢れるのを防いでくれます。
茶花に人気のツバキ系は品種が多くありますが、近年は品種物の大きな物がなく、苗木しか手に入らないこともありますのでご了承ください。
花つきが悪くご自分で肥料などをあげる場合には窒素系(油粕など)の肥料ではなくリン酸(骨粉など)が多めに入っている肥料をオススメいたします。近年は袋に花つきを良くするなど書いてありますのでそちらをお選び下さい。花つきには根切りなども効果的です。
樹木に勢いがないなどの場合は液体肥料の方が即効性はありますが、やりすぎはかえって逆効果になりますので注意してください。

ロウバイ

ソシンロウバイ・・・落葉樹で12月~1月の茶花です。庭木で使い場合高さは1~3m前後がよく使われます。花は12~1月。日陰では花付は悪い様です。葉がでる前に花心部まで花全体が黄色い花を下向きにつけます。花の少ない時期に咲くので重宝します。庭に植えている方も多いいかと思います。私も好きな花木の一つです。

梅

ウメ・・・落葉広葉樹で花は2月~3月、葉が出る前に咲きます。庭木の場合は1~5m位がよく使われます。品種も多く趣があり和風の庭でもよく使われます。昔から庭に植えてあるといった老木なども見かけます。花も楽しめ実も楽しめ人気がありますが若木は樹形が暴れるため植える場所には注意が必要です。花付や実付きが悪くなった時などは肥料をあげてください。市販のもので十分に効き目があります。

紅梅・・・こちらは紅梅。白梅に比べて枝や葉は小さく細い感じです。こちらも1m~5m位のものがよく使われます。
日当たりを好みますが日陰でも育ちます。しかし花付は悪いです。白梅、紅梅ともにアブラムシやカイガラムシなどが付きますので注意が必要です。

クリスマスローズ

クリスマスローズ・・・・・種類によって12月ころから咲き初め~3月ごろまでと花の時期が長い常緑多年草です。落葉する種類もあります。強い日差しや多湿は苦手な草花です。半日陰から日陰で育つため

人気があります。種類も多く育てやすい草花です。

シュンラン

シュンラン・・・・常緑多年草、15センチほどで日陰でも育ちます。花は目立ちませんが3月~4月頃に薄い黄緑色の花を咲かせます。自然風の庭にもよく合います。

スイセン

スイセン・・ 球根の多年草です。3月~4月に花を咲かせます。種類も色々あり育てやすく群植させると見事です。

黄色スイセン

こちらは黄色のスイセン。
スイセンは基本的には陽地でよく育ちます。
繁殖も文球で行います。

サンシュユ・・・・落葉広葉樹で開花は3~4月です。こちらも1~4m位のものをよく見かけます。葉が出る前に黄色い小花を咲かせます。日当たりがあまりよくないと花付きは少ない様です。秋ごろ楕円形の赤い実が付きます。こちらは薬用として用いられるそうです。

トサミズキ

トサミズキ・・・・高知県に自生にする落葉広葉樹で東京でもよく育ちます。庭では1.5m前後をよく使うようです。3~4月に葉が出る前に穂状の黄色い花を垂れ下げます。日向でよく育ちますが樹形が乱れがちなので手入れは必須です。蕾交じりの花を茶花としてよく使われます。

ミツバツツジ

ミツバツツジ・・・落葉低木。4月ごろ紫紅色の花を咲かせます。成長も遅く樹形も株立ち状になり使いやすい樹木で、庭でもよく植えられています。自然樹形のものは自然の庭などにもよく合います。園芸品種も多くあります。ただ日当たりの強い場所などに植えますと年々弱って行きますので植える場所には注意が必要です。

ドウダンツツジ・・・・落葉低木。4月ごろ壺型の小さな白い花を垂れ下げます。特に秋には紅葉が美しく茶席でもよく使われる樹木です。列植、単植など用途合わせて使えます。刈込にもたえますので生垣としてもよく見かけます。

ネコヤナギ

ネコヤナギ・・・落葉低木。早春に開花する柳の仲間です。1月頃からの白銀色のふわふわしたした芽が鑑賞用とされています。私は釣り好きなので川辺でよく見かけますが、庭ではあまり使われてないようです。流れの庭や茶花として庭に植えても面白いと思います 。

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ・・・ 落葉低木。山などでもよく見かけます。雑木の庭などの庭木としても需要が多く、茶花としても使われ花は小さいですがかわいいお花。4月~5月に花を咲かせます。赤い実が付き鳥などよく食べにきます。山の雰囲気の出せる樹木としてお庭にいかがでしょうか。

リキュウバイ

リキュウバイ・・・花は4月。開花時期は花で覆われきれいです。大きくなっても2~3m前後なので都内でも使いやすい樹木です。
やはり日当たりが良くないと花付きは少ない様です。

レンギョウ

レンギョウ・・・ 落葉低木。花は3月~4月。葉がでる前に淡い黄色い花を咲かせ、春の庭を華やかに飾ります。日当たりのよい場所だとよく咲きます。とても育てやすい樹木です。樹形が乱れやすいですが枝もよく分岐して密生するので茶花にも使いやすいです。

ユキヤナギ・・・・・落葉低木です。花は3月~から4月に枝全体に白く小さな花が咲きます。枝も細く弓型に下垂れ趣があります。
低木なので0.3m~0.5m位のものがよく使われます。

シロヤマブキ・・・・4~5月に白い花を咲かせる落葉低木です。秋には黒い実も付けます。病気や虫もあまり被害がないので使いやすいです。庭に点在させるのがよいでしょう。

ヒマラヤ雪の下・・・・・・耐寒性に優れていて丈夫な下草です。地面を這うように成長します。春に濃いピンク色の花を咲かせます。
奥に映っている薄ピンクの花はクリスマスローズです。

シュウメイギクの花

シュウメイギク・・・秋の茶席などでもよく使われ丈夫で育てやすい茶花です。たくさん品種がありますがこちらは白花です。野生種の八重咲の赤紫の物もよくつかわれています。別名で貴船菊と呼ばれています。

ホトトギス

ホトトギス・・・平野から山地に生える多年草。ホトトギスの仲間は種類が多いいです。日陰でも育ち丈夫で育てやすい下草です。

ツワブキ

ツワブキ・・・花は10月~11月。花の少ない時期に黄色い花を咲かせます。日陰で良く育ち、育てやすい草花です。

センリョウ

センリョウ・・・・冬に美しい赤い果実をつけます。常緑ですが日向では葉焼けをしますので半日陰か日陰が良いかと思います。1月の茶花でもあります。お正月飾りにも使われる縁起物の人気種です。実は鳥にもよく食べられます。

ヤブツバキ

ツバキ・・・・・常緑広葉樹、庭で使う場合は1m~4m位を使うことが多いいでしょうか。ツバキは種類によりますが開花時期が長いです。11月位~5月位までと幅があります。元々陰樹なので日陰でよく育ちます。耐寒性もあり自然樹形で使うことや刈込にも耐えますので生垣でも使いやすい樹木です。花は茶花としても使われますが春と秋の毛虫(チャドクガ)には注意が必要です。

ワビスケの花

ワビスケ(白)・・・・ツバキの種類となります。1~3m前後位の用途がおおいいでしょうか。茶花として非常によく使われています。庭にも一本欲しい所ですがツバキ系は毛虫(チャドクガ)が付きますので注意が必要です。自然樹形のものを他の樹木と合わせて植えるとよいでしょう。

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテン・・・・・常緑低木。茶花では使われませんが袖垣前や玄関前、根締めなど使われる場合が多い様です。日陰に非常に強く3~4月には黄色い小花を付けます。葉はとげとげしていますが成長も遅く丈夫で使いやすい樹木です。

安心価格、見積り無料。まずはお気軽にご連絡ください03-3921-6510電話対応時間 9:00 – 18:00 [日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ